Event Archives過去のイベント

10/21(水)20:00-21:30
「今、あなたや家族が新型コロナにかかったら ~NY、東京、大阪の医療現場を支える看護師/医師のリアルな声を聞く」

新型コロナウイルスが全世界同時発生的に猛威を振るう中、その死者数は全世界で100万人を超えました。
グテーレス国連事務総長は「我々は、その一人ひとりの命から目を離してはいけない。彼らは、父であり、母であり、妻であり、夫であり、兄弟姉妹であり、友人であり、同僚だった」とメッセージしています。

家族であっても看取れない、新型コロナウイルス患者の方々の病床。
最も身近な存在である看護師たちの声を日本で聞く機会は、これまであまりありませんでした。
当日は、東京、大阪、ニューヨークで日々最前線に従事する看護師・医師が、現場で働く彼らだからこそ伝えられること、日々患者に寄り添い続ける中で感じているジレンマ、日米の医療現場や人々の対応など、再び感染が広まりつつある今だからこそ改めて知ってほしいことをお話します。

「新型コロナウイルス対策緊急支援」プログラムを立ち上げ、国内外各地の既存の支援プログラムにおいても、活動を止めずに継続してきているジャパン・プラットフォーム(JPF)からは、コロナ禍における国境を越えた支援の必要性についてお伝えします。

人道危機の現状は、支援関係者だけでは解決できません。
いつ患者や患者の家族になるかもしれないということを、第2波の可能性に備え、じぶんごととして考えるきっかけとなれば幸いです。

参加をご希望の方は以下お申込みフォームより事前にお申込みください。
参加のためのURLリンクをお送りします(〆切 日本時間 10月20日 20:00)。
※言語は日本語のみとなります。
https://forms.gle/AA4Y6Q3VUwqU7rin6